【火の不始末が心配】独居の高齢者の食事を安全にする工夫5選

この記事では独居の高齢者の食事を安全に調理したり食べることができる環境について記載しています。

こんなお悩みありませんか?

  • 一人暮らしの家族の食事が心配
  • 台所仕事がおぼつかなくて心配
  • 火の消し忘れが心配

一人暮らしの高齢者の家族がいるけど、食事の準備が心配になってきた方はご覧ください。

私にも80代の要介護3の祖母が一人暮らしで生活しています。
日常生活では看護師として高齢者の生活の指導やアドバイスも行っています。

簡単な結論

  • 調理が難しくなる理由は加齢に伴い手の力や器用さ、感覚が鈍るため
  • ガスの火を使わないためにIHヒーターや電子レンジなどを利用する
  • 元栓のカギを利用する
  • 調理する意欲を尊重できるように環境を整える
  • 火を使わずに食べれる食事を利用する

実際に要介護3の独居の祖母がご飯を食べるために行ったことです。

  • 元栓に鍵をかけた
  • 家族やヘルパーさんのいるときに一緒に調理をする
  • レンジ調理で食べることができる宅食を利用した

宅食も湯煎とレンジ調理の2種類試しましたが、レンジ調理の方が安全だったので
食宅便の宅食を利用しています。

目次

なぜ独居の方の調理が心配なのか

理由は加齢に伴う体力や感覚が鈍ってくるからです。

手の力や器用さが衰え、感覚が鈍りフライパンやお鍋を持つのも一苦労になります。
食事の支度など家族や本人が思っている以上に低下しています。

ナース

私の祖母もコンロの火のつけっぱなしがありました。ヘルパーさんが気が付いてくれたので大事には至りませんでした。

ですが、何もさせないから安心というわけではありません。
調理をする事も生きがいになるので意欲があるうちは自分で行ってもらえるように環境づくりや援助をすることが望ましいと思います。

環境づくりや援助の方法について実体験も加え解説していきます。

火を使わない工夫をする

高齢者の方は【火の不始末】は怖い事だと十分理解しています。
ではなぜ不始末が起きるかというと、ガスの火をつけたことを忘れるという物忘れの為です。

火を使わないためにする方法5選です。

  • ガスを使わないように約束する
  • ガスレンジの操作が簡単なものにする
  • 留守中はガスの元栓を閉める
  • 電磁コンロやハロゲン調理器を利用する
  • 電子レンジやオーブントースターを利用する

ガスを利用しないように約束しても家族の留守中に利用するかもしれません。その際は環境を整える工夫をします。

詳しく工夫方法を説明します。

ガスレンジの操作を簡単なものにする

ガスレンジを変更する場合は安全機能が付いているか確認しましょう。

立ち消え安全装置…煮こぼれなどで火が消えたときにガスを自動で消す機能

調理油加熱防止装置…鍋底が250℃になると自動で消化する機能

Siセンサー…火の消し忘れを2時間で自動消火する機能

最近販売しているコンロにはSiセンサーが自動搭載されているものが増えてきたようです。

他にも地震の揺れを感知し自動消火したり、鍋をコンロから離し数分経つと自動で消化する機能が有ります。

》》ガスコンロ・ガステーブルのおすすめ12選を詳しく見る

留守中はガスの元栓を閉める

ガスの元栓はコンロの傍にあります。元栓を時計方向に回し垂直に回すと閉めれます。

引用:プロパンガスの教科書

ガスの元栓を閉めても本人が開けてコンロを利用する場合が有ります。
その場合、元栓に装着できる鍵を利用すると安心です。

ナース

祖母も自分で開けて利用していたので
元栓専用のカギを利用していました。

ガス栓部分に載せて、チェーンを通し南京錠を付けるタイプの簡単な鍵です。
装着は10秒もかからないので手間がかかりません。

電磁コンロ(IHヒーター)や電気ポットを利用する

電磁コンロとは卓上で使う事ができるIHクッキングヒーターです。
自宅のガスコンロを安全機能のある物に変える場合、工事と費用が掛かりますが卓上のIHクッキングヒーターは3000~1万円前後で購入でき工事も不要です。

IHクッキングヒーターの良いところは火を使わずに調理することができます。
また、鍋など上げると自動で電源が切れるので消し忘れがありません。

電磁コンロ用には専用の調理器具が必要です。
IHコンロ用の物か確認してください。

電気ケトルは数秒でお湯が沸かすことができます。
倒れてもこぼれないようにボタン式になっており、グレードによっては細かい温度設定ができます。

私の祖母はポットをずっと利用していましたが、本体を持ってお湯を交換するのがきつくなってきたので電気ケトルに交換しました。

ナース

温かいお茶が好きな高齢者にとって
お湯は必須なことが多いです。

電子レンジやオーブントースターを利用する

電子レンジやオーブントースターは一定の時間がたつと熱源が切れるので利用も安心です。

電子レンジが使えれば、加熱調理のみでおかずや白米を温めて食べることができます。

ナース

祖母もだったのですが、
機能が多すぎるレンジより従来のレンジを使う
方が高齢者の方は混乱しないようです。

最近のレンジは焼き魚や煮物ができる高性能な物もあり、その分ボタンも多く使用に戸惑う場合も有ります。

  • 温め時間の設定方法【ボタン/クイック方式】
  • ターンテーブルの有無
  • あたため自動機能

〉〉高齢者にオススメの電子レンジランキングをもっとみる

調理器具は扱いやすさや配置などの環境づくりをおこなう

台所で料理をするのは総合的な能力が必要です。

本人の気持ちや体調に合わせて安全に取り組むことができる環境を作ること尊重することができます。

環境整備の方法を説明します。

水回りの環境を整える

水回りは長しの高さが身長に合わず無理な姿勢で使っていたり、蛇口が固いことが有ります。

水回りの高さは簡単に変えれませんが、蛇口をレバー式や補助器具を使うと楽に水道を使いことができます。

調理器具を軽い物や扱いものに変更する

加齢に伴い重い物を持つのが辛くなってきます。

環境を整えるだけでも調理も安全に行うことができます。
具体例を挙げます。

  • まな板や鍋を軽い物にする
  • 安全機能のある包丁に変更する
  • よく使う食器を取り出しやすい場所に移す
    (茶碗・汁椀・平皿・どんぶり・レンジ用の耐熱皿・ボール・小鍋など)
  • 調味料を手の届きやすいところに置く
ナース

まな板などは100円ショップで手軽に揃えれます。

調理しなくても簡単に食べることができる食事

高齢者の方は調理のほかにも使用した食器の片付けも大変になります。

そのため、手軽に食べれて片付けができる宅食を利用している高齢者の方が多いです。

実際に80代の祖母が利用していたのは食宅便という宅食です。
普段はヘルパーさんや母の持ってきた食事を食べていますが、週末などどうしても用意できないときに利用していました。

食宅便を利用していた理由は3点です。

  • レンジ加熱で火を使わない
  • 加熱時間は全て4分で覚えやすい
  • 味とコストパフォーマンスが良い
ナース

トレーも紙でできていたので
捨てやすいです。

お試し便を利用すると1食560円で送料無料で試すことができるので、レンジで温めるだけのごはんってどうなんだろう?と疑問に思っている方は食べてみてください。



食宅便公式HPはこちら

\ 送料無料は初回だけ /

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ナースのアバター ナース 国立大卒の看護師9年目

外科・内科・救急を経験し、患者さんへの食事指導を多数してきました。

私生活では一人暮らしの祖母の為に宅食・通販のお弁当・配食サービス・買い物代行と色々試しました。
仕事をしている日の昼食は必ず宅食を食べています。

現在では祖母・両親・私・糖尿病の兄が宅配食を利用している宅配ラブ家族です。

目次
閉じる