食宅便とnoshを看護師が比較|糖尿病の高齢者にオススメはどっち

この記事では高齢者の糖尿病の方にとっておすすめの低糖食はどちらか比較した記事です。
低糖質の宅配食として人気の食宅便とnoshの2種類を比較しています。

  • 糖尿病用のお弁当の選び方が分からない
  • それぞれの特徴や値段を知りたい
  • 実際に利用した人の口コミや感想が知りたい

そんなお悩み有りませんか?

低糖質の宅配食で人気のあるnosh食宅便のどちらにしようか選ぶのは難しいですよね。


宅配食にも特徴があるので知らずに購入してしまうと、好みに合わず食べなかったりお金が無駄になってしまいます。

また食事制限の一番大切なところは理解すると言う所なので、今回違いを理解しようとする姿勢は素晴らしいです。



食事指導の経験多数の看護師が、食宅便とnoshの違いについて丁寧に解説していきます。

この記事を読むと分かる事
  • 糖尿病の高齢者にオススメなのはどちらか
  • 食宅便とnosh(ナッシュ)の違い
  • 実際に利用している人の口コミ
ナース

実際にどちらも愛用している筆者がいまいちと思っている点や
悪い口コミも紹介します。

私の兄を始め、糖尿病の方で実際に利用している人の口コミも掲載しています。



疾患に対して効果があるのか、継続できているのかも注目して記載しています。

先にどちらがオススメか簡単に知りたい方に簡単な結論だけご紹介します。

\簡単な結論/

糖尿病の高齢者にオススメなのは食宅便(食卓便)の低糖質セレクトです。

理由は5点です。

  1. 糖質量が非常に少ない
  2. 送料やお弁当の値段が安い
  3. 大手会社の製造で安心
  4. 高齢者向きのメニューと味付け
  5. お試しがある

お試しがあるのは食宅便のみで、4食2,240円で送料無料で試すことができます。

低糖質の食事が自分に合うのか、味はどうなのか、これなら続けられそうか。確認するためにも手軽にお試しできるのは食宅便のみです。

》食卓便公式サイトの低糖質お試しについて詳しく見る

\ 送料無料は初回限定 /

食宅便のお試し購入方法について詳しく知りたい方はこちら。注文の手順が分からない方はご覧ください。

目次

低糖質の冷凍弁当を選ぶためのポイント

2社を比較する際の選ぶポイントは大きく5点有ります。

  • 糖質量
  • 塩分量
  • 価格
  • メニュー数
  • 解約のしやすさ

どちらも特徴があるので自分に合っている方はどちらか吟味するポイントにしてください。

糖質量

糖質量が少ない宅食は食宅便です。

なかでも低糖質にこだわった【低糖質セレクト】が非常に糖質量が抑えられています。

2社の糖質量の違いです。

食宅便
低糖質セレクト
全食10g以下
nosh
全食30g以下

noshは全食30g以下でメニュー構成されていますが、糖質量はメニューによって異なります。

低い物であれば2.8gからありますが、自分で糖質量を見て選ぶが必要になります。

そして糖質量の少ないメニュー数も少ないです。

noshの糖質量の分布です。

食宅便のメニュー数
nosh
10g以下のメニュー
15メニュー
(全体の3割)
nosh
20g以下のメニュー
42メニュー
(全体の6割)

糖質が少ないのは食宅便です
糖質摂取を控えたい方や主食をしっかり食べたい方におすすめ

塩分量

塩分量が少ないのは食宅便です。

ナース

糖尿病と高血圧を合併してお持ちの方が多いので
塩分も一緒に見ています。

どちらも管理栄養士が栄養データを構成しているので塩分量は抑えめです。

宅食サービス塩分量
食宅便
低糖質セレクト
全メニュー2.0g以下
nosh
全メニュー2.5g以下
  • 高血圧も気になる
  • 日頃から調味料をかけて調整する
  • むくみがきになる

このようなお悩みがある方は出来るだけ塩分量の低い宅配食サービスを選ぶことをオススメします。


塩分量が少ないのは食宅便
高血圧をお持ちの方にもおすすめ

価格

価格はお弁当の値段と送料の2種類で解説します。

全て込々の値段だと価格は食宅便の方が安いです。

約3か月以上の利用をするのであればnoshも同じくらいの安さです。

お弁当の価格

食宅便
低糖質セレクト
一律560円
nosh
482~647円

noshのお弁当の金額に幅があるのは利用条件に応じて割引があるからです。

  • 累計の注文個数
  • 一度に大量注文

で最大12パーセントの割引が適応され1食あたり482円と格安になります。

noshが食宅便よりお弁当の価格が安くなる条件です。

  • 80食以上注文している
  • 1度に8食以上注文する
ナース

80食とは毎日食べても約3か月かかります。
そしてもう一つ注意点が有ります。


noshのパッケージは非常に大きいので大量注文はスペース確保が必要です。

左が食宅便と同サイズのものです。
右がnoshです。


20食注文するとなると、ファミリーサイズの冷凍庫スペースを全て空けておく必要性があります。

お弁当の価格は食宅便が安い
長期利用・大量購入を検討しているならnoshも安い

送料

送料は食宅便が圧倒的に安いです。

noshは配送場所と注文個数によって金額が異なりますが、食宅便は一律です。

宅配食サービス送料
食宅便
390~780円
nosh
880~2590円

食宅便の送料は390円と780円の2種類です。

通常の購入時は780円の送料ですが、定期的に購入する「定期便コース」を利用すると390円になります。

noshの送料は高いです。公式サイトの金額表ですが、消費税もかかります。

製造工場が兵庫県にあるので関西エリアは比較的安いですが、それでも1,000円前後で高めです。

引用:nosh(ノッシュ)
引用:nosh(ノッシュ)



送料は食宅便が安い。定期便で送料が半額になる。

お弁当について

それぞれの宅配食についての違いを以下の3点で説明します。

  • 味やたべやすさ
  • メニュー数
  • 賞味期限

味とたべやすさ

味と食べやすさは食宅便をオススメしています。

このみによる部分が大きいのですがオススメする理由は3点です。

  • 出汁が効いてい老若男女が好む味
  • お肉は柔らかく煮てあり筋を感じない
  • 汁物はとろみがついているものが多い

なぜ老若男女の好む味付けができるかというと、大手業界の企業努力がヒミツです。

食宅便を作っている「日清医療食品」は病院や高齢者施設などに食事を提供する給食業界でNo1の売上を上げています。

そのため高齢者の好む味付けや食べやすさのノウハウがしっかり詰まっています。

noshにも特徴が有ります

  • レストランで食べるような味
  • お肉や魚は骨付きでしっかりした食べ応え
  • スパイスが効いている

お肉や魚は自宅で出てくるようなずっしりとしたボリュームです。

なぜこのような味付けで主食がしっかりボリュームがあるかには理由が有ります。

筋肉をつけながら低糖質ダイエットの方向けや若い男女にむけたメニュー開発だからです。

そのためそれぞれのメニュー開発にもシェフの監修のもと作られています。

食宅便は出汁の効いた優しい味で、高齢者が食べやすい工夫がされている。

noshはお肉や魚をしっかり食べたいボリューム重視の方にオススメ。

メニュー数

メニュー数はnoshの方が多いです。

メニュー数
食宅便
低糖質セレクト
49メニュー
nosh70メニュー

noshのメニューとして特徴的な点

  • 低糖質パン・スイーツがある
  • 一流シェフが監修
  • 定期的に不人気メニューが無くなり、新しいメニューと差し変わる

noshのメニューの内訳です。

メニュー数
主食52メニュー
パン2メニュー
スイーツ16メニュー

食宅便の低糖質セレクトのメニューの特徴的な点

  • メニューの更新は高頻度ではおこなっていない
  • 1セット7食のA~Gセットから選ぶ
  • 1つ1つづつ選ぶことはできない
  • 実際に紙のカタログを見て選ぶことができる

公式サイトの電子カタログでも確認できますが、冊子が送られてきます。

パソコンの画面が苦手な方には紙の冊子はオススメです。

noshはメニューを一つ一つ選ぶことができ、更新頻度も高く多い

食宅便のメニューはほぼ固定で個々に選ぶことはできない、紙のカタログで選択が可能

賞味期限

賞味期限は食宅便、noshともに約4~12か月です。

お弁当によって賞味期限が異なるので、個別パッケージに記載されています。

ですが、低糖質セレクトのお試しセットのみ賞味期限は2が月なので期間に注意してください。

賞味期限は4~12か月程度

解約について

解約の手軽さは食宅便の方が手軽です。

定期便を注文していない限り解約は必要ありません。

定期便を解約している場合、電話でのみ解約可能です。

noshは1度購入すると、ストップしておかないと定期購入になっています。

ストップ・解約方法はともにネットでのみ可能です。

食宅便の解約は「定期便」を契約しているときのみ電話で可能
noshはネット上のみで解約可能

食宅便(食宅便)低糖質セレクトの口コミ

食宅便の良い口コミだけでなく悪い口コミもまとめています。

食卓便の低糖質セレクトの良い口コミ

副菜の種類が多い
糖質と塩分のコントロールが厳重にできる
送料やお弁当の値段が一定で計算しやすい
業かい最大手で安心感がある
お試しを手軽に利用することができる

食卓便の悪い口コミ

1食ずつチョイスができない
メニューのトレンド感が無い
長期利用に伴う割引は無い


筆者の感想

良い意見
悪い意見
  • 野菜が多い
  • 副菜の種類が多い
  • 味がやさしい
  • 省スペース
  • 味は単調
  • 主食を用意する必要がある
  • メニューを選ぶことができない

味に関しては優しい味付けなので美味しいです。



ですが、一定期間利用していると少し飽きてきます。

なので私は主食のパンを選んでみたり、ご飯に何か載せてみたり楽しみつつ利用しています。

また、定期便の届く頻度を低くして他の宅食と交互に食べて楽しんでいます。

nosh(ナッシュ)の口コミ

nosh(ナッシュ)は共働きの夫婦や糖質制限ダイエット目的の若者向けのメニューが多いです。
そのため口コミも若い方の意見が多めです。

nosh(ナッシュ)の良い口コミ

自分でメニューを選べるのは嬉しい
低糖質のデザートが濃厚で美味しい
ヘルシー・美味しい・栄養バランス良いの三拍子

https://twitter.com/overwhelmed16/status/1368733545565278211

「NOSH – ナッシュ」の悪い口コミ

送料が高い
料金体制が分かりにくい
コショウがやガーリックが効いている副菜があり驚いた
お試しが無い

NOSH公式サイトはこちら


noshを利用している筆者の感想

良い感想
悪い感想
  • 好きなメニューだけ選ぶことができる
  • お肉や魚をたくさん食べられる
  • 家で食べないような味付けの料理が食べられる
  • メニューに当たりはずれがある
    (お米メニューは✖)
  • パッケージが大きすぎる
  • ニンニクが効きすぎてきになる
  • 野菜が少ない

noshは他の宅食にはない味付けです。


家ではできないようなハニーマスタード味やガーリックの副菜などバラエティー豊富です。


ですが、タンパク質で糖質を補う傾向が強いので野菜が少ないです。

がっつりお肉を食べたい時によく食べますが、サラダが欲しくなります。

ナース

おためしが無いのがマイナスポイントです。

食宅便(食卓便)をおすすめする人

看護師の目線や経験も含め、食宅便の低糖質セレクトをオススメする人です。

  • ネットより紙媒体や電話など対人の対応が安心な方
  • 厳重に糖質コントロールを行いたい人
  • 優しい味付けが好きな人
  • 嚥下やかみ合わせが少し心配な人

nosh(ナッシュ)をおすすめする人

  • 一食一食好きなものを選びたい
  • お肉や魚をたくさん食べたい方
  • 長期利用を最初から検討している方
  • 一般的な宅食に飽きた方

お試しで自分に合っているか確認してみよう!

  • お酒が好きでおつまみをちょこちょこ食べてしまう
  • 食事の時間が不規則
  • 栄養バランスが偏りがち

こんな食事をされている方いませんか?

この3点とも糖尿病の方に多い直すべき点です。

改善点するためのポイントは3点です。

  • 必要な栄養素はしっかりとる
  • どうしてもお酒を飲みたい時はカロリーの少ないおつまみを
  • 自分の必要な摂取カロリーに抑える

この3点を抑えることができるのは食宅便の低糖質セレクトです。

食事はカロリーや栄養素は管理栄養士が計算しているのでおつまみとして晩酌も可能です。

お弁当の1食当たりのカロリーも200㎉で糖質量も10g以下なので白米をつけても大丈夫です。

摂取カロリーと摂取糖質量はオーバーしません。

ナース

2型糖尿病の兄も食宅便の低糖質セレクトを愛用しています。

「仕事から帰ってきた後に料理する元気が無い。」と兄は言っていました。
長年、コンビニ弁当を続けており2型糖尿病を発症しました。

発症当初はHbA1Cが11と高値でしたが、2年ほど宅食を利用して数値は6前後で安定しています。

現在は、「冷凍なのでその時に合わせて、自炊にするか宅食を食べるか選ぶことができるのが助かる。」と言っていました。

食宅便はお試しして合わなければしつこい勧誘もないので気軽に注文することができます。

  • 送料無料はお試しだけ
  • お試しできるのは初回だけ

なので、うっかり通常の注文をしてしまう前にお得に利用してください。

\ 1食540円の送料無料/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ナースのアバター ナース 国立大卒の看護師9年目

外科・内科・救急を経験し、患者さんへの食事指導を多数してきました。

私生活では一人暮らしの祖母の為に宅食・通販のお弁当・配食サービス・買い物代行と色々試しました。
仕事をしている日の昼食は必ず宅食を食べています。

現在では祖母・両親・私・糖尿病の兄が宅配食を利用している宅配ラブ家族です。

目次
閉じる